2021年04月02日

妙蓮寺でのラジオ体操が再開しました!

新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、
緊急事態宣言発令中(〜3/21)は活動を休止していた
妙蓮寺ニコニコ会主催のラジオ体操
3月27日(土)より再開され、ケアプラザも参加してきました!

桜の花も日に日につぼみから開き始め、
春の温かさを感じ始めた穏やかな日差しの中、
約20名の方が参加されました。

P1080055.JPG
  【ラジオ体操の様子】

体操を運営されている妙蓮寺ニコニコ会役員の方々は、
「コロナ感染に十分注意いただき、お互いの距離に配慮しながら、
 今後も毎週土曜日に開催する予定です!」
と、
参加者の皆さんへお声かけされていました。

P1080060.JPG
  【妙蓮寺ニコニコ会役員の皆さんと参加者の方】

妙蓮寺の住職さんの発案で始まり、
スタートして丸3年となる
「ラジオ体操 in 妙蓮寺」
老若男女、幅広い世代の方が参加され、
今や地域の大切な集いの場であるとともに、
地域住民の方同士の見守りの場ともなっています。
役員さんのお話にもあったように
物理的な「お互いの距離」は取りながらも、
心は「密」になるような、この地域の宝とも言える活動を
これからもお手伝いさせて頂ければと思います。

【お問い合わせ】
篠原地域ケアプラザ
住 所 :横浜市港北区篠原東2-15-27
TEL :045−423−1230
担当地域:篠原町の一部(表谷町内会を除く)、篠原西町、篠原台町、
     篠原東、仲手原、菊名(菊名南町自治会)、富士塚(富士塚自治会)
URL :
http://www.yokohamashakyo.jp/shinohara/
【QRコード】篠原CPホームページ.png

★☆篠原地区の地域情報ホームページ「わがまち篠原」☆★
URL :https://sinoharatiku.wixsite.com/home
【二次元コード】わがまち篠原HPA.png

#イベント #催し #ボランティア #講座
posted by 篠原地域ケアプラザ at 16:50| 地域情報

2019年05月14日

なかてはら ふれあい祭り ふれあいコンサート


2019年5月11日(土)
なかてはら ふれあい祭り
ふれあいコンサート
会場:仲手原広場公園

主催:仲手原自治会 ふれあい祭り実行委員会
地域交流担当高橋です。
今回初めてふれあい祭りに参加させて頂きましたのでご報告します。

この日はいいお天気に恵まれてたくさんの人出でした。

会場に到着してまず目に飛び込んできたのは、お餅つきです!
よく見るような木製のものではなく、石臼を使われていました!!

「ヨイショ!ヨイショ!」と
威勢のいい掛け声が響きます!
P1040396.JPG
見事な連携は
日頃の繋がりがあってこそです
!!
P1040395.JPG
たくさんのつき手がいらっしゃいました。
だんだんつきあがっていきます!

同会場で開催されていたふれあいコンサートも盛り上がっていました!
今回ふれあい祭り初参加のジャズバンド迫力ある演奏で、仲手原を熱く盛り上げてくれました。
大きな拍手にアンコールのリクエストもあり、奏者も客席も笑顔でした!

自治会館裏手にある仲手原2丁目公園ではポニー乗馬ができる移動動物園やヨーヨーもあり賑わっていました!

なかてはら ふれあい祭りは、
子どもから大人まで、みんなが楽しめる
とっても賑やかでエネルギッシュな熱いお祭りでした!!!


posted by 篠原地域ケアプラザ at 14:14| 地域情報

2019年02月20日

災害食クッキング

2月17日(日)に仲手原自治会館で行われた「港北区災害ボランティアセミナー」に参加しました。

当日は仲手原自治会の役員の方々を中心に、港北区災害ボランティア連絡会から講師をお招きして行われました。


AvjIQ8vJ6ZwzwK21550653967_1550654257.jpg


災害ボランティアセミナーでは災害時の炊き出しを想定して、卓上コンロ・キャンプ用コンロの使い方や災害についてのミニ講座を実施しました。


20190217_102517t.jpg


そして目玉は…災害食クッキング!


20190217_110350.jpg


災害時でも湯銭一つで様々な料理ができます。
例えば、蒸しケーキ。ポリ袋に「ホットケーキミックス」「水」「卵」「バナナ」を入れてそのまま袋の中でよく混ぜ合わせたものを沸騰したお湯の中に入れます。
(写真の鍋左下のポリ袋に入った黄色いものが蒸しケーキです)
湯銭するときに袋の中の空気をよく抜いておくところがポイントです。

40分程加熱すると…。


20190217_114644.jpg


この通り!
バナナ風味の蒸しケーキの完成です。
食感はふわっと、味はバナナのやさしい甘みが広がる美味しい蒸しケーキで、とても湯銭ひとつとは思えない出来です。
お湯に触れることはないので災害時きれいな水が確保できない場合でも問題ありません。
注意点は熱に強い高密度ポリエチレンのポリ袋を使用することです。

今回は「災害食」がテーマでしたが、普段あるもので少し工夫をするだけで色々な料理が作れることが分かり大変勉強になりました。
災害時でも美味しいものが食べられると元気が出ます。
皆さんもご家庭で試してみてはいかがでしょうか。

posted by 篠原地域ケアプラザ at 17:06| 地域情報